館内で多くのご馳走が楽しめる 大沢山温泉「大沢館」

2009年4月19日。新潟県南魚沼市。

f:id:hohyo:20170907222933j:plain

ついに「大沢館」にやってきました。ここへは以前から何度も行きたいなと思いつつも、宿泊のみの営業ということでなかなか来れなかった宿です。

f:id:hohyo:20170907222943j:plain

私は見たことがないのですが、「北野武」監督の「HANA-BI」という映画にこの「大沢館」が出てくるそうです。

f:id:hohyo:20170907222954j:plain

玄関に入ると、その脇には写真のように「冷えた果物」と「わらびもち」がありました。宿泊客は自由に食べることが出来ます。当然私達もオレンジとリンゴとわらびもちをいただきました。

f:id:hohyo:20170907222958j:plain

そして嬉しいのがアメニティグッズが充実していること。これはいいですね♪

f:id:hohyo:20170907223026j:plain

男性の内風呂です。ガラス張りの内風呂なんですがとても開放感がある感じがします。

f:id:hohyo:20170907223030j:plain

そして露天風呂への渡り廊下入口に写真の「味噌田楽」があります。こちらも自由に食べることが出来ます。こんにゃくがお湯の中にあって、それに味噌をつけて食べるのです。美味しかったです♪

f:id:hohyo:20170907223602j:plain

「味噌田楽」の隣に写真の「甘酒」があります。ほんの少しだけいただきました。

f:id:hohyo:20170907223040j:plain

露天風呂への渡り廊下です。

f:id:hohyo:20170907223036j:plain

この渡り廊下の途中にアイスがあります。これも当然いくら食べても自由です。…私達は今回どれくらいのアイスを食べたのだろう。とにかく暇さえあれば食べてました。

f:id:hohyo:20170907223140j:plain

男性の露天風呂です。とても開放感があります。

f:id:hohyo:20170907223137j:plain

お湯には白い湯の花がたくさんありました。

f:id:hohyo:20170907223148j:plain

写真は露天風呂の天井。

f:id:hohyo:20170907223153j:plain

露天風呂に入りながら撮った「大沢館」の写真ですが、渡り廊下から男性風呂はモロ見えです。まぁ見られても別にという感じですが、見たくもないものを見てしまった女性はありがた迷惑かもしれません。

f:id:hohyo:20170907224525j:plain

玄関脇にあるいろりで「お餅」と「おにぎり」を食べることが出来ます。

f:id:hohyo:20170907224531j:plain

自由にいつでも食べることができます。が、なくなったらおかわりはないみたいです。早い者勝ちなのです。

f:id:hohyo:20170907224622j:plain

いろりでお餅やおにぎりを焼いて食べるのですが、これがまた美味しい♪ 嫁と一緒にどんだけ食べたかなぁ…

f:id:hohyo:20170907224545j:plain

熊さんが八海山を飲んで酔っ払ってぺしゃんこになった、そんな感じです。

f:id:hohyo:20170907224549j:plain

大沢館の外の様子。

f:id:hohyo:20170907224610j:plain

夕食です。部屋出しではありません。他の宿泊客の方々は恐らく県外から来たのでしょう。魚沼産コシヒカリが美味しいと絶賛してました。私達も全部いただきました。ごちそうさまでした。

ご飯が余るとおにぎりにもしてくれます。あとで食べられますね。

f:id:hohyo:20170907224615j:plain

夜の露天風呂の模様。温泉の温度はぬるくもなくあつくもなく、調度よくてずっと入っていられます。

f:id:hohyo:20170907224619j:plain

朝です。なんだかお腹が急に大きくなったような…昨日あれこれとたくさん食べましたからね。でもお腹はしっかり空いています。

f:id:hohyo:20170907224632j:plain

朝食です。昨日あれだけお餅や味噌田楽などパクパク食べていたのに、夕食も朝食もすべて食べました。朝食はご飯三杯も食べました。

f:id:hohyo:20170907224626j:plain

ちなみにタバコも置いてあって自由に吸うことが出来ます。愛煙家の方にはいいですね。それと朝の7時30分からコーヒーも自由にいただけます。このサービスで一泊の宿泊代が1万2千円は嬉しいですね。また是非訪れたい宿です。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です