新宮熊野神社長床  等間隔配置44本の円柱が見事な拝殿

喜多方市といえばラーメンが有名ですが、その地にとても珍しい国の重要文化財があるのをご存知でしょうか?

その名も新宮熊野神社長床。

その魅力に迫りましょう!

 

新宮熊野神社 参拝

普通、神社の参拝って無料ですよね。

ここはちと変わってます。

注意
大鳥居脇の受付で入場料300円を支払います。

さぁ熊野神社に参拝です。

ほひょ

大鳥居の貫(ぬき)の部分だけ新しいですね。

 

大鳥居をくぐり参道を進むと、右側に手水舎が見えてきます。

 

その手水舎後ろにある宝物殿の中の様子。

様々な重要文化財が見れますよ♪

 

御神木 大イチョウ

拝殿の長床(ながとこ)が見えてきました。

左側には立派な御神木「大イチョウ」がご挨拶。

ぬぅ、この景観たまらん。

大イチョウの樹齢は?
何と800年だそうです。

ほひょ

秋には黄金色に紅葉する大イチョウと長床が絵になりますね。

 

長床側から見た大イチョウ。

でかいッス。

 

拝殿 長床

長床にやって来ました。

ちなみにこの建物、拝殿なんですよ。

少林寺拳法の稽古でもしてそうな雰囲気ですが…

 

娘は恐れ多くも拝殿の中で散々走り回っておりました。

そしてそれに付き合ってしまう愚か者の我が妻。

荘厳なこの長床も、子供にとってはただの遊び場と化してしまいます(←いや駄目だろ)

ほひょ

それにしても円柱が結構ボロボロなのが気がかりでした。

 

本殿は長床の上のほうだよ

拝殿の長床を抜けると本殿が見えてきます。

本殿は3棟あります。

  • 熊野本宮大社本宮
  • 熊野速玉大社新宮(にいみや)
  • 熊野那智大社那智(なち)

全部お参りしましょう。

 

本殿側から見た長床。

やはりここのメインは本殿よりも長床ですねぇ。

 

長床 マメ知識

知っておいて損はない、新宮熊野神社についてです。

熊野速玉大社新宮(にいみや)と新宮(しんぐう)熊野大社?

  • にいみや…熊野三山の一つ
  • しんぐう…この神社がある地名のこと

ほひょ

まぎらわしすぎでしょこれ。

 

新宮熊野神社っていつ出来たの?

1055年の前九年の役って歴史で習いましたよね。

源頼義(のりよし)が陸奥征討にいく時に、武運を祈って紀州熊野から勧請創建したのが始まりなんだって。

勧請とは?
神さまの分霊を他の地に移して祭ることです。

 

長床の基本情報

  • 44本の円柱が5列等間隔に並んでる。
  • 壁や扉がなく四方が吹き抜け。
  • 茅葺屋根。

何度も言うけど珍しい建物です。

この長床は江戸時代初期に地震で壊れちゃいました。

が、その後すぐに旧材が使われ一回り小さく再建されたのです。

そして昭和後期にも解体修理復元の工事があったみたい。

ほひょ

その割にはボロボロだったんですが。

 

最後に

これまで日本三熊野のうち宮内熊野大社熊野皇大神社に参拝しました。

ほひょ

肝心の総本社熊野三山にはまだ参拝しておりません。

行きたいんだけど、遠いんだよなぁ…

 

でもでも、ここ新宮熊野神社もとても素敵なところでした。

このタイプの拝殿はなかなかないですよ♪

2012年6月5日
福島県喜多方市

 

宮内熊野大社に行ってみたい人はこちら

東北のお伊勢さま 宮内熊野大社その1
熊野皇大神社の模様はこちら

軽井沢熊野神社(熊野皇大神社) 長野と群馬の県境にある珍しい神社です

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です