これを見ると屏風が欲しくなる? 村上市「町屋の屏風まつり」

2007年9月10日。新潟県村上市。

本日9月10日から30日までの間に、新潟県村上市の68軒の町屋で家々に伝わる屏風が展示されます。

全て無料で見ることが可能です。もちろんお店で何かを買わなければいけないのでは?ということもありません。…と、いっても結構買ってしまうのですけどもね。

屏風を見学

f:id:hohyo:20180111205008j:plain

左写真は「池田屋」です。ここで小さな屏風を買いました。

f:id:hohyo:20170911125011j:plain

ここは「吉川(きっかわ)」です。村上市の町屋に来るといつも訪れるお店です。

f:id:hohyo:20180111205406j:plain

ここには鮭の様々な食品が売られており、来れば必ず買ってしまいます。これがまたどれも美味しいのです。

f:id:hohyo:20180111205603j:plain

そして私は初めて見たのですが、左写真の屏風は色紙や短冊などを張り合わせた「混ぜ張り屏風」と呼ばれるものだそうです。美術的・芸術的には価値のないものだそうですが、昭和30までは実生活の中で使われたそうです。

f:id:hohyo:20180111205855j:plain

井筒屋」です。松尾芭蕉が「奥の細道」行脚の際に二泊した場所として知られています。ちなみに宿泊は一日一組限定。カフェもありますよ。

f:id:hohyo:20180111210032j:plain

左写真は「村上信用金庫」に展示されていた屏風です。こんな場所と言ったら失礼ですが、様々なところに展示されているのですね。

それと右写真ですが、家と家の間に注目すると少しずれているのがわかるでしょうか?

これは城下町だった村上市ならではのもので、敵が攻めてきた場合にここに身を隠せるように、敢えてずらしたのだそうです。

f:id:hohyo:20170911125149j:plain

鮭などを販売している「うおや」の屏風です。

f:id:hohyo:20180111210247j:plain

右写真はお菓子の「早撰堂(そうせんどう)」の屏風です。それにしても皆さん本当に親切に接してくれます。本当にありがとうございました。

f:id:hohyo:20170911123322j:plain

さてお昼の時間です。今日は奮発して村上牛が食べられる「千渡里(ちどり)」にやってきました。

f:id:hohyo:20180111210549j:plain

私たちが食べたのは「村上牛サイコロステーキランチ」です。見ての通り、美味しかったですよ~。

f:id:hohyo:20170911125225j:plain

「千渡里(ちどり)」の店内は有名人のサインがたくさんありました。

f:id:hohyo:20180111210630j:plain

そしてびっくりしたのはここは屏風が展示されているのではなく、何故か珍品が展示されていたこと。20年代コンドームとありますね。名前は「ハート美人」です。

f:id:hohyo:20170911125314j:plain

そして次に向かったのはお茶屋さん「九重園(ここのえん)」です。

f:id:hohyo:20180111210918j:plain

あちこちの町屋の方々が口をそろえて言っていたことですが、屏風は飾り物というよりは、家の中で散らかっているところを隠す為のものであったそうです。

また冬、夜寝る時には枕元に置いて隙間風から寒さをしのぐものでもあったそうです。言われてみれば「屏風」とは「風を屏(ふせ)ぐ」と書きますから。

f:id:hohyo:20170911125407j:plain

今回の村上市訪問もとても楽しいものでした。また村上市ではこの他にも「町屋の人形さま巡り 」というものもあり、この時には各町屋の雛人形が展示されます。ちなみにどの町屋でもこれらを無料で気軽に見学することができます。

これらの維持管理も大変だとは思いますが、これら素晴らしい屏風そして雛人形を今後も是非とも残していっていただきたいものです。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です