山形県【宮内熊野大社】境内は神様盛りだくさん!「前編」

山形県南陽市には日本三熊野の1つである宮内熊野大社があり、そこには数多くの境内社(摂社・末社)が存在します。

その数なんと30柱!

MEMO
柱とは神様の数え方であります。

ほひょ

ここに来ればたくさんの神様がいらっしゃるのでとても心強いです。

ただ数が多いだけに前編と後編に分けました。

ではどんな神々が祀られているのか、まずは前編「入口から拝殿までの摂社・末社」を御覧ください。

2007年7月24日
山形県南陽市

土社神社と古峯神社

境内社 御祭神
土社神社どしゃじんじゃ 訶志古泥神かしこねのかみ
古峯神社ふるみねじんじゃ 日本武尊やまとたけるのみこと
御祭神の解説

  • 訶志古泥神かしこねのかみは自然と土への感謝の神として祀られてます。
  • 日本武尊やまとたけるのみことは古代日本の英雄。焼津の原(静岡県)で火難を除いた事から、火防の神として信仰されています。

 

Sponsored Link

山神社・青麻神社・大宮子易神社

境内社 御祭神
山神社やまじんじゃ 大山祇神おおやまづみのかみ
青麻神社あおそじんじゃ 天御中主神あめのみなかぬしのかみ
大宮子易神社おおみやこやすじんじゃ 木花開耶姫命このはなさくやひめのみこと
御祭神の解説

  • 大山祇神おおやまづみのかみはその名の通り山を統治する神。また酒造の神でもあるそうです。
  • 天御中主神あめのみなかぬしのかみは3度お参りすれば中風(脳卒中)の難より生涯のがれることが出来るそうです。
  • 木花開耶姫命このはなさくやひめのみことは女性の神様。炎の中で子供を出産したことから、安産祈願の神として祀られてます。

 

月山神社・湯殿山神社・幸神社

境内社 御祭神
月山神社がっさんじんじゃ 月読命つきよみのみこと
湯殿山神社ゆどのさんじんじゃ 少彦名命すくなひこのみこと
幸神社さいわいじんじゃ 猿田彦神さるたひこのかみ
御祭神の解説

  • 月読命つきよみのみことは月を読む、つまり農業に大切な暦と関係あることから農業の神として信仰されています。
  • 少彦名命すくなひこのみことは医学の祖そして知恵の神様。非常に小さな神様であったため、一寸法師のモデルにもなったと言われています。
  • 猿田彦神さるたひこのかみは道祖神と同じく道案内・交通安全の神です。

 

Sponsored Link

大社神社

境内社 御祭神
大社神社おおやしろじんじゃ 大地主神おおとこぬしのかみ

こちらは土地を領有する地主神です。

 

まだある宮内熊野大社の境内社

ここで紹介した境内社は拝殿までにあるもの。

そう、今度は拝殿を時計回りに進んで戻るわけですが、その参道にも数多くの境内社があるのです。

ほひょ

すごいぞ宮内熊野大社!
 宮内熊野大社の拝殿までの模様はこちらから

宮内熊野大社「山形県にある東北のお伊勢さま」  宮内熊野大社の境内社をさらに!

miyauchi-kumano-keidaisha2(9) 山形県【宮内熊野大社】境内は神様盛りだくさん!「後編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)