国指定重要文化財豪農の館「目黒邸」 そして「佐藤家」

2005年11月23日。新潟県魚沼市。

国指定重要文化財「目黒邸」

f:id:hohyo:20171221221711j:plain

豪農の「目黒邸」にやってきました。

目黒邸と言えばやはり茅葺き屋根(かやぶきやね)が有名です。正面入口の上にある三角形の「千鳥破風(ちどりはふ)」が目黒邸のシンボルです。

この千鳥破風は主に装飾用に用いられるのですが、採光や喚起用を兼ねる場合もあります。一般庶民の家だと換気は家の両側から行うそうで、目黒邸のような千鳥破風は位の高い人のみが許されたものだそうです。

中越大地震による被害が心配されましたが、現在では復旧工事も終わっています。

f:id:hohyo:20171221221714j:plain

目黒邸の入館料は300円ですが、資料館の入館料も含めると500円になります。

そして茅葺き屋根は20年に一度交換するそうです。茅葺技術は新潟県の選定保存技術となっています。

f:id:hohyo:20171221221718j:plain

左写真は最近ではあまり見ることの出来なくなった囲炉裏(いろり)です。石油ストーブとは違う暖かさがあります。

そして右写真は配電盤になります。大正2年のものだそうで、当時から屋内を全部電化していたというから驚きです。

f:id:hohyo:20171221221721j:plain

自動車も新潟県内で最初に購入したのがこの目黒家だったそうで。さすが豪農です。

それからこの目黒邸は映画「蔵」のロケに使われた場所です。テレビ版の「蔵」は同じ新潟県関川村にある「渡邉邸」なのです。

f:id:hohyo:20171221221725j:plain

目黒邸の奥へしばらく歩いていくと…

f:id:hohyo:20171221221707j:plain

目黒邸資料館」が見えてきます。ここには目黒家に代々伝わる古文書や大庄屋の諸用具・生活用具・さらには地方近代化の資料が展示されています。

目黒家はかつて戦国大名の会津蘆名(あしな)氏に仕えていたそうです。あの伊達政宗とも戦ったと言われています。

いわゆる帰農した武士の血をひく豪農なのですね。さらに江戸時代には大庄屋にまでなりました。

その後の目黒家当主は明治時代に県会議員・衆議院議員などを務め、この地域の交通・教育・産業等の近代化を推進したのです。

国指定重要文化財「佐藤家」

f:id:hohyo:20170812085347j:plain

「目黒邸」の近くに「佐藤家」があります。1738年に建てられた農家です。新潟県中越地方の豪雪地に分布する中門造りの形式を持つ民家の初期のもので、国の重要文化財の指定を受けて昭和54年に解体修理を行い、復元されました。

残念ながら既に冬季入館中止となっており、外見しか見ることが出来ませんでした。春からまた再開するそうです。また入館料は100円とのことです。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です