草津温泉 ひのき亭牧水 目にはされど歯には悪いすっぱい湯?

2005年1月9日。群馬県吾妻郡草津町。

群馬県の国道145号線から草津道路に入ると、硫黄臭が立ち込めてきました。ついでにとてもとても寒いです。路面にはさほど雪はないのですが、場所によっては凍結している箇所もあります。氷点下5度とかですからね。

 

さて今回私達がお世話になる宿は「ひのき亭牧水」というところです。

東和銀行草津支店の前にある宿で、湯畑からはちょっと離れた場所にあります。

 

写真はこの宿の温泉の入口です。温泉は内湯だけで露天風呂はありません。

さてここはどんな温泉かというと、草津道路からたちこめていた硫黄臭はほとんどなく、とてもすっぱい温泉です。このように草津温泉はいろいろな源泉があるみたいですね。そして話によるとここ「ひのき亭牧水」の温泉は、目にはいい湯だけど歯には悪いとのこと。

それからこの「ひのき亭牧水」の各部屋にはトイレがついていません。右写真のように部屋から離れた場所に各部屋専用のトイレがあるのです。トイレが近い人だとちとキツイかも。

 

そして楽しみにしていた夕食ですが… ケーキが凍ってました。ん?そーゆーケーキだったのかな(多分違うと思う)

夕食を済ませて少し休憩してから、私達は夜の湯畑を見に外へ出ました。いってきまーす。

 

夜の湯畑は初めてです。ライトアップされていてキラキラでとてもきれいでした。さすが草津ですね、夜でしかも氷点下7度くらいだというのにすごい人の数です。多くの人が湯畑の前で記念撮影をしてました。みんなおかしい元気なのね。

それにしてもメチャクチャ寒い~。共同浴場から出て湿ったタオルを持ち歩いていると、タオルがカチカチに凍ってきます。それもそのはず、この夜は今年一番の寒さだとか。運がいいのか悪いのか…

面白いのでタオルを共同浴場で再度濡らして、外に出てタオルをブンブン回してみました。見事に凍りました(愚かです)

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です