新潟県燕市 国上山【国上寺】酒呑童子・源義経・謙信公・良寛様ゆかりの越後最古の古刹

kokujoji-ikemen (5)

新潟県燕市(旧分水町)にある国上山くがみやま、その中腹には新潟県最古の古刹こさつ国上寺こくじょうじ」があります。

ほひょ

同じ漢字なのに山と寺では読み方が違うのも特徴的ですね。

国上山はあの彌彦やひこ神社で有名な弥彦山の隣の山で、かつてあの聖徳太子も登ったと伝わっているとか?

そしてこの国上寺はそれだけではありません。

酒呑童子・源義経と弁慶・上杉謙信公・良寛様と多くの著名な歴史上の人物ゆかりの地としても有名な場所なのです。

この記事では、そんな国上寺の歴史をざっくり、そして見どころを紹介します。

国上寺へのアクセスと駐車場

北陸道三条燕ICから30分の行程。

 

kokujoji-ikemen (45)

車は国上山くがみやま中腹にある「燕市分水ビジターサービスセンター」の駐車場にとめてそこから歩いて行きましょう。

国上寺まで徒歩で5分もかかりません。

なおこの施設には軽食・無料休憩施設等があります。

 

Sponsored Link

国上寺「新潟県最古の古刹1300年の歴史を誇る」

kokujoji-ikemen (1)

国上寺こくじょうじの歴史は古く、和銅2年(709)に近くの彌彦やひこ神社の御祭神天香山命あめのかぐやまのみことのお告げで建立こんりゅうされた、新潟県最古の古刹こさつです。

 

kokujoji-ikemen (30)

国上寺こくじょうじの本堂は別名阿弥陀堂とも呼ばれ、この建物は30年かけて享保3年(1718)に再建されたもので300年前のものです。

MEMO
御本尊は阿弥陀如来で宗派は真言宗に属しています。

もとは修験道しゅげんどうだったものの、時の権力の庇護により改宗を繰り返し現在に至っております。

 

kokujoji-ikemen (28)

その改宗にまつわるものを境内でも見ることが出来ます。

見どころの1つ、弘法大師こうぼうたいし五鈷掛ごこがけの松」です。

MEMO
五鈷ごことは金剛杵こんごうしょの一種で、両端が五個の股から成っているもののこと。

伝説によれば、弘法大師が中国から帰国の途中、船から三鈷と五鈷を投げたところ三鈷は高野山へ、そして五鈷がここ国上山のこの松にかかったそうです。

こうして国上寺が天台宗から真言宗道場になったというのですが…

ホントかな。

 

ちなみにこちらは2009年に訪れた時のもの。

ほひょ

2019年度に物議を醸したイケメン官能絵巻はもちろんありません。
kokujoji-ikemen (13) 今しか見れない!「イケメン官能絵巻」が新潟県の名刹【国上寺】を華麗に彩る

 

国上寺「多くの著名人ゆかりの地」

弘法大師すなわち空海ゆかりの寺でもある国上寺は、他にも多くの有名な人物ゆかりの地でもあります。

源義経ゆかりの六角堂

kokujoji-ikemen (21)

この六角堂にはあの源義経が寄進したとされる大黒天木像が祀られています。

源頼朝に追われた弟義経が奥州に落ちのびる途中に参詣したお寺としても有名なのです。

良寛様ゆかりの地でもある

国上寺境内には良寛様の像もあります。

良寛様はこの国上寺のすぐ近くの五合庵という草庵で十数年間を過ごされた、新潟県の歌人そして僧侶としても有名な方です。

ryokan-201911 (7) 良寛様ゆかりの地「新潟県燕市を訪ねて」五合庵・本覚院・千眼堂吊橋そして乙子神社

上杉謙信公が信心した千手観音がある

kokujoji-ikemen (43)

ここ国上寺は、千手観音を信心された上杉謙信公により十万石の格式を下賜かしされた場所。

2009年に訪れた時はちょうど大河ドラマ「天地人」が放映されていた時で、天地人の旗がたくさんはためいていました。

酒天童子出生伝説

kokujoji-ikemen (47)

西山門を抜け、石段を下りたところに井戸が見えてきます。

 

kokujoji-ikemen (49)

この鏡井戸は越後の酒呑童子しゅてんどうじ出生伝説で有名な場所。

では一体どんな伝説なのかというと…

 

kokujoji-ikemen (48)

千年前に外道丸げどうまるという絶世の美男子が国上寺におり、色男の外道丸には多くの恋文が来たそうです。

しかし外道丸は読まずに焼いてたとか。

ある日のこと、想いを伝えられなかった1人の娘ががれ死に、その女の恋心が煙となって、外道丸はその恋文を焼いて出た煙にまかれ気絶したそうです。

しばらくして外道丸は顔の異常に気づきこの井戸をのぞいてみると…

そこには何と鬼の面に変わった自分がいたのです。

ほひょ

恐ろしい…

親鸞聖人追い返しの門

kokujoji-ikemen (33)

参道脇にずら~っと並んでいる四国八十八箇所石塔を歩いていくと東山門が見えてきます。

四国八十八箇所石塔
国上寺を中心に西参道から東参道にあった石塔を、昭和44年に遷座したもの。

 

kokujoji-ikemen (34)

こちらが東山門、別名「追い返しの門」です。

そしてこの門が何故「追い返しの門」なのかというと…

浄土真宗の宗祖「親鸞しんらん聖人」が国上寺の大蔵経だいぞうきょうを読みにここへ来た時に

お前の来るところではない

と親鸞聖人が追い返されたことから名づけられております。

ほひょ

国上寺は新潟県内の真言宗寺院の中でも格式の高い寺だったのですね。
MEMO
参考までに、大蔵経とは仏教聖典を総集したもの。

 

Sponsored Link

水子供養でも有名な国上寺

kokujoji-ikemen (42)

ここ国上寺は他にも水子供養の参拝が多いお寺としても有名です。

童水子地蔵尊わらべみずこじぞうそんの下には多くのお供えの品々がありました。

 

kokujoji-ikemen (39)

他には時計回りに三回まわると幸せになれる「幸せ観音」や…

 

kokujoji-ikemen (41)

雷神縛石らいじんしばりいしといった見どころもたくさんあるのです。

 

kokujoji-ikemen (40)

なお厄を割ってストレス解消!なんてコーナーもあり、境内はなかなかの充実ぶりです。

 

最後に

kokujoji-ikemen (31)

多くの歴史人物が関わっている国上寺、素晴らしいと感じます。

この国上寺を参拝し終えたら、是非とも近くの良寛様ゆかりの五合庵や乙子おとご神社にも足を運んでみて下さい。

なおここから車で約15分走ると新潟県を代表する「彌彦神社」もあります。

ほひょ

合わせて参拝したい場所ですね。

ryokan-201911 (7) 良寛様ゆかりの地「新潟県燕市を訪ねて」五合庵・本覚院・千眼堂吊橋そして乙子神社 彌彦神社「新潟県屈指のパワースポットは参拝方法に注意」2礼4拍手1礼です kokujoji-ikemen (13) 今しか見れない!「イケメン官能絵巻」が新潟県の名刹【国上寺】を華麗に彩る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)