念願の伊勢神宮外宮豊受大神宮へ 日本人なら一度は訪れたい神聖な場所

伊勢神宮…誰もが聞いたことのある神社でしょう。

その伊勢神宮がさらに外宮と内宮に分かれていることを、神社に興味のない方はご存知ではないかもしれません。

さぁ、日本人なら一度は訪れたい神聖な場所伊勢神宮へ! まずは外宮からです。

2008年11月3日
三重県伊勢市

外宮そして内宮と順に参拝するのが習わし

伊勢神宮が外宮と内宮に分かれているのはわかったけど、とりあえずすいているほうから行こうかな♪

ちょっと待ってくださいね、実は参拝にも順番があるのです。

MEMO
伊勢神宮は外宮→内宮と参拝するのが習わし。

神宮のお祭りも外宮から始まるみたいですよ。ここはマニュアル通りに参拝しましょう。

 

外宮と内宮で通行側が異なる?

外宮げくう)の表参道火除橋(ひよけばし)から入ります。

橋が中央の線で二分されていますが、

MEMO
ここ外宮は左側通行です。

それに対し内宮(ないくう)は右側通行なのですね。

ほひょ

この理由は諸説あるそうでよくわからないみたい。

よく言われているのが、参拝前にお清めをする手水舎(てみずや)外宮が左側内宮が右側であるからみたいですね。

 

なるほど、手水舎は左側にありますね。ここで心身を清め…

 

第一鳥居を通ります。

今まで色んな神社に参拝してきましたが、神社の警備を司る衛士(えし)が常駐している伊勢神宮、さすがです。

 

さらに進んでここ神楽殿(かぐらでん)で勾玉の形をしたお守りを買い…

 

九丈殿(くじょうでん)五丈殿(ごじょうでん)を抜けると…

いよいよ御正殿が見えてきます!

 

外宮 御正殿

御正殿(ごしょうでん)にやってきました。

中の写真撮影は不可ですので、外側からの写真になります。ああ…感動だ。

二礼二拍手一礼でお参りしましょう。

外宮御祭神は?
天照大神(あまてらすおおみかみ)のお食事を司る豊受大神宮(とようけおおみかみ)です。

ほひょ

すべての産業をお守り下さる神様です。

 

新御敷地の存在に驚く

伊勢神宮に来てびっくりすることの一つに、御正殿の隣にそれと同じ広さの土地があること。

これを新御敷地(しんみしきち)といいます。

新御敷地とは?
20年に一度の遷宮の際に新しい御正殿が建つ御用地のことです。

つまり今現在の御正殿を取り壊し、新たに新御敷地に御正殿を建てるのです。

もったいない気もしますがこれが伝統なんですよね。

ほひょ

すごいです。

自宅も20年に一度遷宮したい気分(でも自宅の隣には空き地がない)。

 

感無量です

念願だった伊勢神宮参拝が叶い、感無量です。

今回は混雑を避けるために朝の6時過ぎにやってきましたが…

薄明るい早朝参拝も悪くないかな♪

ほひょ

心が洗われるようでした。

 

まだまだ外宮の全てを見終わったわけではありません!

伊勢神宮外宮 御正殿以外の魅力に迫る!

 

次は伊勢神宮内宮へ!

伊勢神宮内宮皇大神宮 やはりすごかった!一生に一度は訪れるべき場所

 

 

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です