念願の伊勢神宮外宮「豊受大神宮」へ 日本人なら一度は訪れたい神聖な場所

2008年11月3日。三重県伊勢市。

新潟を夜中の12時に出ての深夜運転で、朝の6時20分に伊勢神宮に到着しました。伊勢神宮は「外宮」→「内宮」と参拝するのが習わし。マニュアル通りまずは「外宮」を参拝します。

伊勢神宮外宮げくう)です。「表参道火除橋(ひよけばし)」から入ります。橋が中央の線で二分されていますが、ここ「外宮」は左側通行です。それに対し「内宮(ないくう)」は右側通行です。

この理由は諸説あるそうでよくわからないみたい。よく言われているのが、参拝前にお清めをする手水舎(てみずや)が「外宮」が左側で「内宮」が右側であるからだそうです。

「日本人の心のふるさと」と言われる「お伊勢さん」、祝日でも早朝は参拝客少なめでした。

 

表参道火除橋(ひよけばし)」の左側にある「勾玉池(まがたまいけ)」です。見ただけではわかりませんでしたが、この池は名前の通り勾玉の形をしているそう。

 

なるほど、「手水舎」は左側にありますね。ここで心身を清め…

 

第一鳥居」を通りました。今まで色んな神社に参拝してきましたが、神社の警備を司る「衛士(えし)」が常駐している「伊勢神宮」、さすがです。

 

神楽殿(かぐらでん)」で勾玉の形をしたお守りを買いました。感動です。

 

手前が「九丈殿(くじょうでん)」、奥が「五丈殿(ごじょうでん)」。

 

「御正殿」到着

御正殿(ごしょうでん)」にやってきました。中の写真撮影は不可ですので、外側からの写真になります。「天照大神(あまてらすおおみかみ)」のお食事を司る「豊受大神宮(とようけおおみかみ)」をお祀りしている場所です。すべての産業をお守り下さる神様です。

 

また「御正殿」の隣にはそれと同じ広さの土地があります。「新御敷地(しんみしきち)」です。20年に一度の遷宮の際に新しい「御正殿」が建つ御用地のこと。つまり今現在の「御正殿」を取り壊し、新たに「新御敷地」に「御正殿」を建てるのです。もったいない気もしますがこれが伝統なんですよね。すごいです。

自宅も20年に一度遷宮したい気分(でも自宅の隣には空き地がない)。

 

土宮(つちのみや)」。外宮の土地の守り神で、「大土御祖神(おおつちみおやのかみ)」が御祭神です。市街地の西を流れる、氾濫被害の多かった宮川の堤防の守護神、地主神です。

なおこの「土宮」のみ東向きです。他の宮は全て南向き、というのは面白い。

 

風宮(かぜのみや)」。「級長津彦命(しなつひこのみこと)」、「級長戸辺命(しなとべのみこと)」が御祭神で、鎌倉時代の元寇の際に神風を吹かせて日本を守った神として知られています。

もともとは風雨の災害がなく稲が順調に育つように祈りが捧げられるところでした。元寇以降は国家の平安が守られるという信仰も加わったそうです。

 

多賀宮(たかのみや)」。「豊受大御神」の「荒御魂(あらみたま)」をお祀りしています。それにしても「御正殿」だけでなく、「土宮」・「風宮」・「多賀宮」の隣にも同じだけの土地があります。全部建てかえるんですね。

 

忌火屋殿(いみびやでん)」。特別に起こした神聖な火である「忌火(いみび)」で、神様に供えるお食事を調理する場所だそうです。写真ではわかりづらいかもしれませんが、煙が上がっていました。

出来れば日中に参拝したかったです。ただ、薄明るい早朝参拝も悪くないなと、参拝を終えてみて感じました。

心が洗われるようでした。

伊雑宮

「内宮」に行く前に、県道32号線(伊勢磯部線)を通り伊勢市の隣の志摩市にある「伊雑宮(いざわのみや)」に立ち寄りました。

 

 

御祭神は「天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)」です。伊勢神宮の規模が小さくなったような感じ。素晴らしい。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です