国登録有形文化財の老舗旅館 東山温泉「向瀧」

2004年10月26日。福島県会津若松市。

市中心部から近い「東山温泉」

f:id:hohyo:20170816173220j:plain

平成8年に建物全部が国の登録有形文化財に指定された向瀧(むかいたき)にやってきました。会津若松市中心部からとても近い距離にあり、鶴ヶ城などを観光してすぐに温泉に入れるのは素晴らしいです。

f:id:hohyo:20170816173223j:plain

外観からも伝統を感じさせます。泊まる部屋はインターネットから自分の好きなものを選べます♪

f:id:hohyo:20170816173227j:plain

私が泊まった部屋は第三希望でした(一応選べたということで)。部屋は一つとして同じものはないそうです。

f:id:hohyo:20170816173230j:plain

建物もさることながら、庭の景色も素晴らしいです。

f:id:hohyo:20170816173242j:plain

紅葉していればもっときれいだったことでしょう。

f:id:hohyo:20170816173250j:plain

このような宿に泊まると必ず庭を散策するのですが、この日は雨がすごく、ただ旅館の中から庭の風景を眺めているだけでした…

館内の階段が急です

f:id:hohyo:20170816173303j:plain

部屋に案内されるまでの階段にびっくり。写真の急な階段を上った後…

f:id:hohyo:20170816173308j:plain

さらに写真の階段を上りました。私たちの部屋はこの階段を上ったところにあるのですが、その奥にはまだ急な階段があります。

桔梗の部屋

f:id:hohyo:20170816173312j:plain

そして写真は私たちが泊まった桔梗(ききょう)の部屋の柱です。桔梗の花で柱を飾ってます。とても凝ってますね。

余談ですがここ向瀧の従業員数は約25人程度とのこと。バブル期には倍の50人くらいいたそうです。とはいえ、年配の従業員が多く若い人たちがなかなか従業員にならなかったとか。

理由の一つが山の斜面にそのまま作ったこの急な階段の存在です。夕食・朝食ともに各々の部屋に運ぶので、かなりの重労働だそうです。

ところが最近の不景気で、高卒の若い人が黙ってても集まってくるそうです。廊下ですれ違う従業員の方々も若い人が多かったように思います。

f:id:hohyo:20170816173315j:plain

これは政治家犬養木堂犬養毅のことですね)の書だそうです。私たちが泊まった桔梗の部屋に飾ってあります。

向瀧のお風呂

f:id:hohyo:20170816173319j:plain

そしてこの温泉は貸切風呂の写真。貸切風呂は全部で3つあり、内側から鍵をかけられる仕組みになってます。予約や追加料金は必要なく、空いていればいつでも入れるようになってます。

f:id:hohyo:20170816173210j:plain

さらにこの温泉は「きつね湯」。熱めの温泉です。もう一つ「さるの湯」というのがありますが、その温泉は「きつね湯」よりは熱くなく、ゆっくり入ることが出来ます。

もちろん、温泉5つ全て制覇しました。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です