神仏習合の面影を残す榛名神社 御姿岩と一体化した本殿が凄い!

2018年2月4日。群馬県高崎市榛名町。

念願かなって群馬県の榛名神社にやってきました。天気は快晴。そして雪は思ったほど多くなく、参道を比較的楽に歩けそうです。

本殿まで徒歩15分

神社に到着して気になるのが本殿までの道のりと時間ですよね。

小さいお子さん連れの方であればなおさらです。

さて案内板を見ると、鳥居から社殿まで徒歩約15分ほどとありました。

実際には途中で色々な建物を見たりさらには参道もある程度凍結しているでしょうから、もっと時間がかかるでしょう。

 

随神門をくぐります。

もうここからして立派ですね。いきなりの国の重要文化財です。神仏習合時代は仁王門でした

 

進んでいくと、参道が思いっきり凍ってます。

ツルッツルです。日陰ですものね。

 

少し歩くと鞍掛岩(くらかけいわ)が見えてきました。

アーチ状の橋のような岩で珍しいですね。

もともとは洞窟で、奥の部分が崩れて入口のみ残ったみたいですね。これも榛名の神の成せるわざでしょうか。

 

参道は石畳です。

また参道の左側は山、そして右側が清流を挟んで岩山となっており、それはもうとてもいい雰囲気です。夏も涼しそうですね。

 

またこの一帯には樹齢100年~400年の杉が千本余りあるそうです。

 

三重塔(さんじゅうのとう)

 

ここから少し屋根付きの参道になります。

 

その途中にあった塞神社(さいのかみしゃ)

 

岩をくり抜いて扉のようなものが埋め込まれていますが、東面堂(とうめんどう)という建物の名残だとか。

 

萬年泉(まんねんせん)。日照りで作物が育たず農民が苦しんでいた時、ここの御神水をいただき祈願を受け、村に帰って田畑にまいたということです。榛名神社は雨乞いの神としても有名なんですね。

 

瓶子の滝(みすずのたき)。凍結してます。これはいいものを見せて頂きました。

 

御水屋(手水舎)が見えてきました。社殿までもうすぐですね。そして柄杓に直接口をつけているカップル(といっても40代だと思う)がいましたが、そういうのはやめてね。

柄杓の水をすぼめた左手に注ぎ、それで口をすすぐのです。

 

f:id:hohyo:20180213124351j:plain

矢立杉(やたてすぎ)です。武田信玄が戦勝祈願のために矢を射立てたという言い伝えがあるとか。

 

神幸殿から社殿まで国の重要文化財

神幸殿(みゆきでん)

 

神門(こちらのみ国の重要文化財ではないです)

 

社務所にてご朱印帳を渡し、本殿に向かいます。この階段を登れば見えてきます。

ここに来る前に、御朱印を頂く際に不快な思いをしたという話を結構聞いたので少し心配でしたが、大丈夫でした。御朱印、ありがとうございました。

※本来は参拝を終えてから御朱印をいただくのが正式な手順です。私は並ぶのが嫌なので、いつも参拝前に御朱印帳を渡し、お参りした後に再度社務所へ頂きに来てます。

 

双龍門

 

神楽殿(かぐらでん)

 

ついに本殿にやってきた

本殿は正面から奥に向かい、拝殿・幣殿・本社の3つから構成されております。

 

拝殿です。

 

龍の彫刻が素晴らしい。

 

幣殿本社

 

本社はこのように体の形をした御姿岩(みすがたいわ)に接しています。上から頭の部分の丸い岩が落ちてきそうでちょっぴり怖いです。

なお御祭神は御姿岩の洞窟中に祀られています。

 

榛名神社御祭神

御祭神は

火産霊神(ほむすびのかみ)

埴山毘売神(はにやまひめのかみ)

それぞれ鎮火開運、五穀豊穣の神様です。

 

榛名神社の大修理が始まった

本殿脇にある国祖社および額殿の保存修理工事が行われております。国祖社は榛名神社の摂社。ちなみに御祭神は…

 

豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)

彦狭島命(ひこさしまのみこと)

御諸別命(みもろわけのみこと)

です。

国祖社および額殿の保存修理工事が終われば続けて双龍門、本社・幣殿・拝殿、神楽殿の修理工事を行うみたい。

今回国祖社・額殿を見れなかったのはとても残念ですが、近い未来に修理された国祖社・額殿に参拝したいと思うのでありました。

今日は水沢観世音に続いて榛名神社も参拝し、とてつもないパワーを頂いた気がします。しかしお寺と神社のハシゴは私達の娘にはかなりキツかったらしく、榛名神社で本殿に向かう途中からグズグズになってしまったのが反省点かな。

そしてここから凍結した榛名湖へ向かいました。

 

「おもちゃと人形 自動車博物館」は入館料が半額になる早朝割引がお得!

伊香保温泉から近い「水澤観世音」を参拝して水沢うどんを食べる

凍結した榛名湖で氷上ゴーカートを楽しむ

 

榛名神社その他見どころ

ご神水開運おみくじ

こちらは三重塔の手前、参道沿いにあります。

ここ榛名神社には、面白いおみくじがあります。初めはおみくじに何も書かれてないのですが、おみくじをご神水に浸すと、何の運勢か文字が浮かび上がってくるのです。そのおみくじを右側にある廻運燈籠(かいうんとうろう)の中に入れ、燈籠を廻転させると運が廻ってくる、というものなのです。

なおおみくじは社殿のほうまで行かなければ手に入れることが出来ません。社殿参拝後にここまで戻ってきて、燈籠を廻しましょう。ちなみにこの燈籠は相合傘をイメージして作られたそう。

…と、さもおみくじを引いたかのような書き方ですが、ご神水が凍っていて出来なかったのですトホホ。

 

榛名神社の七福神

榛名神社の社殿までには、七福神の銅像が点在しております。これがまた見どころの一つですね。

そして家に戻ってから気が付きましたが、毘沙門天の銅像を撮り忘れました。そーいえば見てないわ。どこにいらっしゃいました?(随神門の近くだったらしい)

これはまた榛名神社に参拝に来なさいということでしょうか…

 

寿老人(じゅろうじん)さま。お酒大好き長寿の神様です。

 

布袋(ほてい)さま。七福神の中で唯一実在した人物です。いつも袋を背負って施しをうけていたとか。

 

福禄寿(ふくろくじゅ)さま。幸福・封禄・長寿の全てを兼ね備えた神様です。

 

恵比寿さま。右手に釣り竿、左脇に鯛を抱えております。

 

辨才天さま。

 

大黒天さま。左肩に大きな袋、右手に打出小槌、そして米俵を踏んでます。

 

榛名神社の駐車場はどこ?

榛名湖からの一本道を通ると赤い鳥居にたどり着きます。この鳥居をくぐり右ななめの道が参道になります。

赤い鳥居近くにも無料駐車場がありますが、参道沿いにも売店が開放している無料駐車場があります。私たちは神社入口に一番近い無料駐車場に車をとめました。ただ売店で何も買わずに帰ってしまうとちょっぴり気まずいかも。

 

家族で楽しめる「おもちゃと人形 自動車博物館」 伊香保は温泉だけじゃない!

「伊香保グリーン牧場」でかわいい動物たちと触れ合う

伊香保温泉「横手館」で茶褐色の源泉を堪能

伊香保の石段街で射的を存分に楽しむ 「伊香保神社」~「伊香保露天風呂」

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です