自作ハンモックはホームセンターを活用しよう!

hammock01

ハンモックに揺られ、本を読んだりぼーっとしたり。

そんなキャンプも素敵ですよね♪

そんなハンモックも様々なタイプのものが市販されておりますが、今回は色々な方の自作ハンモックを参考にして組み立ててみました

自作ハンモックといっても難しくない!

そうは言っても日曜大工はちょっと苦手かな…

そんなあなたでも大丈夫! 私も苦手です(笑)。

なので角材を切ったり穴を開けたりする作業はホームセンターでやってもらいましょう。

そう、私達がするべきことは材料を買い揃えるだけ。

ほひょ

非常に簡単です。

ではどれくらい簡単なのか御覧ください♪

 

ハンモックを支える部分を準備しよう

  • STEP.1
    ホームセンターで工具を買い揃える

    hammock02

    左から、

    • アイナット12mm
    • 丸カンボルト12mm×100mm
    • 木用ワッシャー12mm 2枚

    を用意します。

  • STEP.2
    ホームセンターで2本の角材を加工してもらう

    hammock03

    自宅に工具がない人でも大丈夫。加工はホームセンターに依頼しましょう。

    • 丸カンボルトを通す穴をドリルで開けてもらう。
    • 端っこを45°の角度で斜めに切ってもらう。

     

    なおこの作業は当然ながら有料となります(一作業だいたい50円くらい)。

    例:ドリル× 2 + 斜めカット× 2 = 計200円

     

    ※角材は38mm×63mm×170mmのものを使用しております。

  • STEP.3
    角材の穴に工具を取り付ける

    hammock04

    あとはとても簡単♪

     

    丸カンボルトを穴に通したらアイナットで締めて終了です。

    ワッシャーはなくても大丈夫だけど付けたほうがいいと思います。

  • STEP.4
    角材の先端の向きに注意する

    hammock05

    コンパスのように互い違いにして、内側に尖ったほうが来るようにしてください。こうすれば尖った部分が地面にめり込み、ハンモックが安定します。

  • STEP.5
    完成!

 

ハンモックを組み立てよう

用意するのは…

 

hammock06

ハンモックと、

 

hammock07

ハンモックの端に付けるカラビナと…

MEMO
別にロックカラビナでなくてもいいと思います。

 

hammock08

ガイロープ2本と40cmのペグを2本を使います。

ロープは最低でも幅8mm以上で。ちなみに私達は自宅にあった9mmのものを使ってますがちと太いかな。

 

hammock09

なお木と固定する際はこれを使っております。

MEMO
これはサーマレストのスラッカーサスペンダーというものです。

 

ハンモックを楽しもう♪

ここまで揃えばハンモックの設置は簡単です。

 

hammock01

木が1本あればこんな感じ。

 

hammock10

木がなくても、このように同じものをもう1本用意すればどこでもハンモックが楽しめます♪

 

自作ハンモックのいい点

  • 多少でこぼこした場所でも設置できる。
  • ハンモックの支えが木なのでキャンプ場に違和感なく溶け込む。
  • 設置が非常に楽。

いいことだらけです♪

 

では自作ハンモックのデメリットとは?

  • 自宅の部屋では設置不可。
  • 全てパーツで揃えるので一括で買うよりは面倒。
  • 地盤が悪い場所はペグ抜けの心配がある。

ほひょ

このように書きましたが、実はデメリットは全く感じたことはありません。

 

子どもが喜んでくれるハンモック

もともとは、いつも私達のキャンプに来てくれる娘に少しでも喜んでもらおうと用意したハンモック、

今ではキャンプに行くと家族皆で代わりばんこに揺られてます。

あなたもキャンプに持っていってみてはいかがでしょうか?

ほひょ

揺られてとてもいい気持ちですよ♪

 

ハンモックを初めて使ったキャンプの模様はこちらから

大石オートキャンプ村でハンモックデビュー!風が強かった…

 

ハンモックに使用したもの

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です