良寛様ゆかりの「五合庵」と「乙子神社」

2009年5月24日。新潟県燕市。

五合庵

「国上寺(こくじょうじ)」から写真の石段を下っていくと「五合庵」が見えてきます。全国を行脚した「良寛」がその後約20年間をここで過ごしたと言われています。

 

「五合庵」の名前の由来は、江戸時代に「国上寺(こくじょうじ)」の「本堂」の再建に尽力した「万元上人(ばんげんしょうにん)」にこの庵と毎日五合の米を与えたことからだと言われています。

 

良寛句碑「焚くほどは風が持てくる落葉かな

良寛さんは、「燃やして煮炊きするくらいなら、風が運んでくれる落ち葉で十分です」って詠んでます。国上山での暮らしは貧しくとも十分満足です、ということですね。

 

右写真は「弁慶清水」。義経が奥州に逃れる途中、弁慶が掘ったとされる伝説の井戸です。でもこの弁慶井戸はあちこちにあるそうで、これはそのうちの一つだそうです。

弁慶は井戸掘りが好きだったのでしょうか。

 

かわいいお地蔵様ですね。…お地蔵様、だよね?

 

左写真は「舟御堂」。数百年前は当たり一帯が沼沢地(しょうたくち)であり、その時に使用された田舟を資材として建立されたものです。

越後の民の先祖の血と汗が染み込んでいるんですね。

 

千眼堂吊橋」です。「朝日山展望台」と「五合庵」を結ぶ長さ124mの吊橋です。「新潟の橋50選」にも選ばれているそうです。

 

乙子神社

「国上山」中腹にある「乙子神社(おとごじんじゃ)」にやってきました。御祭神は「天照皇大神」と「建諸隅命(たけもろづみのみこと)」です。

 

「建諸隅命」は弥彦神社の御祭神「天香山命」のあとつぎ。国上地域の神様ですね。

 

右写真が「乙子神社草庵」です。「五合庵」の老朽化に加え、水を汲んでの山の登り下りが老身にこたえ切なくなり、良寛様は文化13年(1816年)からこの草庵に移り住みました。

ここで過ごした10年間は、良寛芸術の最も円熟した時期なのだそうです。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です