越後長野温泉【嵐渓荘】のレビュー「その魅力はシンボルだったつり橋なき後も色あせない」

20181118rankeiso (6)

ここを訪れるのは一体何度目だろう?

ここ嵐渓荘らんけいそうは山の中の一軒宿。

それに加えて、

  • 国の有形文化財に登録された建物はそれはもう素晴らしく…
  • 大自然に囲まれまた目の前を流れる守門川のせせらぎが心地よく…
  • そして温泉も料理も素晴らしい!

だから何度も来てしまうのですね。

日本秘湯を守る会のメンバーだしね。

また近くには「いい湯らてい」という大きな温泉施設がありますが、混雑したお風呂を敬遠したい人には断然この嵐渓荘がオススメ!

ほひょ

旅館ということもあり日曜日の日帰り温泉でもお客さんはほとんどいませんよ。

2018年11月18日
新潟県三条市

嵐渓荘までのアクセス

北陸自動車道三条燕ICを降りたら国道289号線を三条市方面へひたすら進みましょう。

 

DSC01049

しばらくすると写真の八木ヶ鼻やぎがはなが見えてきます。

ここから県道183号線に入り3分程度車を走らせると左に嵐渓荘の看板が見えてきます。

注意
そこから道路下をくぐるのですが、若干狭いため注意が必要です。
嵐渓荘の日帰り入浴
料金 大人1,000円
子供700円
大浴場 11:00~15:00
山の湯 11:00~12:00
13:00~15:30
タオル

料金が近くのいい湯らていに比べて割高なのも、日曜日でも人が少ない要因ですね。

八木ヶ鼻オートキャンプ場に行った帰りもいい湯らてい使わずにここに来ちゃうものね。

参考 新潟県三条市の八木ヶ鼻が見える温泉施設【いい湯らてい】いい湯らてい

 

Sponsored Link

越後長野温泉「嵐渓荘」日本秘湯を守る会所属

20181118rankeiso (11)

長野温泉?ここって新潟(越後)でしょ?

と、恐らく来る人皆さんそう感じるはず。

嵐渓荘がある地名が新潟県三条市長野なので、越後長野温泉なのですね。

なお嵐渓荘が所属している「日本秘湯を守る会」とは…

時代の流れから取り残された感のあった山の宿で、温泉のよさを守り、自然環境の保持、保全に努める前向きな取り組みをする者、共同での宣伝、相互誘客に賛同した宿の集まりとして発足
引用元:日本秘湯を守る会

ほひょ

これを見ただけでも素敵な宿だということがわかりますね。

 

20071110rankeiso (1)

この奥が嵐渓荘の玄関になります。

その道の脇には小川が流れていて何とも風流で、歩きながら写真を撮っている人が多いのもうなずけます。

 

20181118rankeiso (6)

そしてこれが嵐渓荘玄関。

ほひょ

何度見ても素晴らしい。
MEMO
建物は昭和初期の燕駅前に建てられた旅館を1955年にこちらに移築したもので、平成24年に国有形文化財となりました。

 

20071110rankeiso (3)

ちなみにこれは2007年11月に来た時の嵐渓荘の様子。

看板の木が当時はまだあったのですね。

 

20050531rankeiso (2)

さらにこちらは緑が綺麗な2005年5月のもの。

ここは春夏秋冬全て訪れたい場所です。

 

嵐渓荘のシンボル「つり橋」がなくなってしまった

20181118rankeiso (5)

それにしても平成23年7月の洪水でここも随分と変わってしまいました。

 

20181118rankeiso (9)

嵐渓荘といえばこの水車と…

 

20071110rankeiso (2)

つり橋がシンボルでありました(2007年11月撮影)。

 

20181118rankeiso (4)

その嵐渓荘の象徴とも言うべきつり橋が大雨による川の増水で流されてしまい、今は向こう岸に渡ることが出来ません。

 

20181118rankeiso (7)

つりばしと水車のお宿 越後長野温泉 嵐渓荘

料理に出てくる箸袋にも以前はこう書かれてありました。

 

20181118rankeiso (10)

しかしつり橋がなくても、嵐渓荘の素晴らしい庭を散策しながら感じたのは…

「ここはやっぱり良いなぁ」

写真を撮りながらしみじみ思うのでした。

 

Sponsored Link

嵐渓荘の食事とお風呂

嵐渓荘の魅力は建物だけではありません。

もちろんお料理も抜群の美味しさですし、しょっぱくて温まる温泉も素晴らしいのです。

 

20070420rankeiso (4)

こちらは2007年4月に日帰りプランで頂いた料理の最後の品。

 

20071110rankeiso (4)

さらにこれは2007年11月に宿泊した時の料理の一コマです。

 

20181118rankeiso (1)

もちろんお腹いっぱいになった後はこのしょっぱくて肌がツルツルする温泉につかるわけです。

MEMO
泉質は「ナトリウム-塩化物冷鉱泉」です。

やっぱりここは宿泊でのんびりしたいですね。

 

20181118rankeiso (3)

そしてお風呂上がりには冷たいお水もいいですが、このしょっぱい源泉を用いたほうじ茶も頂きましょう。

MEMO
新潟県村上市の冨士美園さんのほうじ茶です。

飲んでみると源泉がしょっぱいのでさながら昆布茶のようなお味です。

ほひょ

湯冷め防止にもなるそうですよ。

 

なお温泉は大浴場の他に山の湯という温泉もあります。

そこに行くまでの道中カメムシが結構いたのでスリッパは必須ですね。

 2007年4月に訪れた【嵐渓荘】食事も温泉も素晴らしかった
DSC01040 越後長野温泉【嵐渓荘】桜の咲く季節の水芭蕉も綺麗でした

 

最後に:つり橋を復活させてほしかったですが…

20070420rankeiso (3)

ここ嵐渓荘に来れば必ず渡っていたこのつり橋も、お店の方によれば再建の考えは全くないそうです。

メリットがほとんどないみたいね。

残念ではありますが、このつり橋は古き良き思い出として、私の中に大切にしまっておこうと思います。

そして今後もずっと、素晴らしい雰囲気の中での素敵な温泉・美味しいお料理を味わいたいと思ってます。

ほひょ

また来ます。

素晴らしいおもてなしをありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)