たった5分!キャンプ場を離れる前のクリーニング大作戦!

cleaning00

  • うわっ、前の人が残したゴミとか炭のカスが散らばってる…
  • でも俺たちがやったわけじゃないし、まぁキャンプ場が片付けるでしょ。

特に土日の繁忙期の後にキャンプに行くと、サイトにゴミ・吸い殻・炭のカケラなどが散在している場合があります。

「前任者は何やってんだー!」って思いますよね。

そこであなたにお聞きしたいのが…

自分が捨てたわけじゃないゴミ、どうしてますか?

土日キャンプの後のサイトの状態とは?

cleaning01

これくらい大したことないじゃん!

と、思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもテント設営時はここにテントを広げるわけですし、もしかしたら炭で汚れたり最悪傷がつく可能性もあるわけです。

ほひょ

他にもビニール袋やお菓子の袋とか、よく見ると結構落ちているものです。

 

撤収後の5分間の清掃活動

撤収後、自分たちが使用したサイトにペグを置き忘れていないかなどの確認作業をする人も少なくないと思います。

加えて、ゴミ拾いはどうでしょう?

そんなもんキャンプ場に任せればいーじゃん。

しかも俺達が捨てたゴミじゃないし。

確かに、サイトを管理するのもキャンプ場の仕事であることには間違いはありません。

お金をもらっている以上、サイトを綺麗にして提供するのもキャンプ場の義務かもしれません。

ほひょ

その気持もよくわかります。

 

ですが、それでも敢えて私がやっていることをお伝えしたいと思います。

もちろん同じことをされている方もいらっしゃるかもしれません。

それは…

撤収後の5分間の清掃活動です。

 

来た時よりも綺麗にして帰ろう

cleaning02

たった5分ですが、これだけのゴミをトングで拾いました。

MEMO
その中にはタバコの吸殻もありました。結構あるもんなんですよ。

ちなみに私はタバコは吸いませんから、これは他人のゴミであるわけです。

でもそんなのは関係ありません。

綺麗になればそれでいいじゃないですか!

  • 楽しくキャンプをさせていただいたキャンプ場への感謝の気持ち
  • 次に使うキャンパーが気持ちよく使えるようにという気持ち

たったの5分です。

ほひょ

その5分間の清掃でサイトも心も綺麗になるんだから素敵だと思います。

 

芝生には優しくね

それからゴミ以外にも気をつけたいことがあります。

それは芝生への対応

直火を禁止しているサイトが大半だと思いますが…

 

cleaning03

これはキャンプ場に行くとよく見る光景です。

この丸く枯れた芝生、直火じゃないかもしれないけど、例えばダッチオーブンをそのまま芝生の上に置いたりとかでこんな風になってしまったのかな。

またキャンプ場にはブロックも置いてあり、それを使えばこうなることもなかったはずなのです。

注意
チャコールスターターとか、熱いものを直接芝生の上に置くことは絶対やめましょう。

 

スノーピークの焚火台にはベースプレートスタンドがオススメ

スノーピークの焚火台は非常に人気で、使用されている方も多いと思います。

しかしこれも長時間使用すると、ベースプレートが結果的に芝生にダメージを与えてしまいます

そこで…

 

cleaning04

このベースプレートスタンドを使うとよいです。

ほひょ

これさえ常備していればブロックがないキャンプ場でも安心です。

これがあると…

  1. 火床からの高さが保たれる。
  2. 結果、下の芝生がやられるということがなくなる。

これは焚火台とセットに購入されることをオススメします。

 

cleaning05

このスタンドの上にベースプレートと焚火台を置きましょう。

このプレートは薄いので、

また荷物が増えるのか~

なんて心配はありませんよ。

芝生に優しい仕様です♪

 

立つ鳥跡を濁さず

私が尊敬するキャンパーの方も同じことをおっしゃってました。

  • どんなに素敵なキャンプ用品を使っていても
  • どんなに料理や設営が上手くても

最低限のマナーを守れない、最低限のことが出来ない人は尊敬に値しないんだってことも言ってたなぁ。

ほひょ

まぁキャンプで雨撤収の場合はそんなことも言ってられないかもしれませんが。

 

撤収後の5分清掃、あなたもどうですか?

 

スノーピーク焚き火台

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です